歯周病の予防

20歳を超えたら、歯周病の予防が大切です。
歯周病は、歯周病菌が住めないようにすれば、防ぐことができます。
この歯周病菌は、歯と歯ぐきの間にたまった食べかすの中に住みつくので、この部分をしっかり掃除できれば、歯周病は予防できるのです。

歯と歯ぐきの間をお掃除するためには、朝晩必ずハミガキをすること。
歯ブラシを歯ぐき側に少し向けて、小刻みに動かし、1本1本みがきます。
歯と歯の間は、1日1回でも構いませんので、糸ようじ(フロス)や歯間ブラシやワンタフトの歯ブラシを使いましょう。
また、歯周病菌に対してとても効果のあるコンクールFもお勧めしております。
定期的(3ヶ月〜1年に1回)に歯医者さんに通って、歯ぐきのチェックとみがき残しのチェックをして、歯石を取って、歯のお掃除をしましょう。

歯周病は、口臭の原因にもなり、また心臓病や糖尿病などにも悪影響を与えることが分かってきました。
ハミガキが、風邪やインフルエンザの予防につながることも報告されています。
ご自分の歯だけでなく、健康や美しさのためにも、しっかり歯周病を予防しましょう!

1歳までのむし歯予防

1歳までのむし歯予防

下の前歯が生えてくる時期のむし歯の予防について

1歳〜3歳のむし歯予防

1〜3歳のむし歯予防

乳歯が生えてきて、仕上げ磨きがもっとも大切な時期のむし歯の予防について

3〜6歳のむし歯予防

3〜6歳のむし歯予防

乳歯が生え揃って、永久歯が生えてくるまでのむし歯の予防について

6〜15歳のむし歯予防

6〜15歳のむし歯予防

乳歯から永久歯に生え変わる時期で、永久歯のむし歯の予防に大切な時期です。

大人のむし歯予防

大人のむし歯予防

永久歯のむし歯の予防について

歯周病の予防

歯周病の予防

大人の約8割がかかっていると言われている歯周病の予防について