3〜6歳のむし歯予防

おおよそですが、乳歯が生え揃う時期です。
むし歯になりやすいポイントは、奥歯の噛む面の溝、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間です。
奥歯の噛む面の溝は、しっかり歯ブラシを当てることが大切です。
なかなか難しい場合は、シーラント(予防的に削らずに柔らかいフッ素入りのプラスチックで溝を埋める方法)をお勧めしています(保険適応)。
歯と歯の間は、糸ようじ(フロス)を使いましょう。
糸ようじ(フロス)は、大人のためのものと思ってらっしゃる方が多いのですが、お子さんのむし歯予防には必需品です。
裏ワザとしては、フロスにフッ素ジェルをつけてあげると、更に効果があります。
歯と歯ぐきの間は、食べかすがたまりやすいので、しっかり歯ブラシを当てるようにしましょう。
あまりゴシゴシし過ぎると、痛かったり、擦りむいてしまうので、力をあまり入れ過ぎないように気をつけましょう。
フッ素に関しては、ブクブクうがいができるようになるまでは、低濃度のスプレー式のレノビーゴ、ブクブクうがいができるようになったら、うがい薬のオラブリスか、フッ素ジェルをお勧めしています。
また、定期的に歯医者さんでむし歯とミガキ残しのチェックとブラッシングの練習をして、年に2〜4回くらい歯医者さんでフッ素をつけるのがお勧めです。

1歳までのむし歯予防

1歳までのむし歯予防

下の前歯が生えてくる時期のむし歯の予防について

1歳〜3歳のむし歯予防

1〜3歳のむし歯予防

乳歯が生えてきて、仕上げ磨きがもっとも大切な時期のむし歯の予防について

3〜6歳のむし歯予防

3〜6歳のむし歯予防

乳歯が生え揃って、永久歯が生えてくるまでのむし歯の予防について

6〜15歳のむし歯予防

6〜15歳のむし歯予防

乳歯から永久歯に生え変わる時期で、永久歯のむし歯の予防に大切な時期です。

大人のむし歯予防

大人のむし歯予防

永久歯のむし歯の予防について

歯周病の予防

歯周病の予防

大人の約8割がかかっていると言われている歯周病の予防について