1歳〜3歳のむし歯予防

上の前歯が生え始めたら、保護者の方の仕上げみがきが必要になります。

1歳〜1歳半くらいに上下の前歯が生え揃います。
注意するポイントは上の前歯です。
唇が邪魔でうまくみがけず、歯と歯ぐきの間がむし歯になりやすいです。
歯ブラシを持ってない方の人差し指を横にして、唇を押さえてブラッシングして下さい。
この時、真ん中にある歯ぐきの筋(上唇小帯といいます)に歯ブラシが当たると痛いので気をつけましょう。
また、まだ授乳していたり、ジュースやスポーツドリンクを哺乳瓶で飲んでいたりすると、上の前歯の裏側や歯と歯の間にむし歯ができやすいので、気をつけましょう。
ジュースやスポーツドリンクを哺乳瓶であげるのは、むし歯にとってもお子さんの体にとっても良くないことなので、水分はなるべく麦茶やお水をあげるようにしましょう。
フッ素に関しては必ずしも必要ではありませんが、レノビーゴという低濃度のスプレー式のものをたきの歯科ではお勧めしております。

1歳半〜3歳にかけて、第一乳臼歯(奥歯)、乳犬歯、第二乳臼歯(一番奥の歯)が生えてきます。
ジュースや炭酸飲料など、糖分がたくさん入っている飲み物や食べ物をあげないようにしていれば、生えている途中でむし歯になることは滅多にありません。
乳犬歯や奥歯は、半分くらい(大体てっぺんから3〜4ミリくらい)生えてくると、歯と歯ぐきの間に食べかすがたまりやすくなります。
お口の奥の方で、しかも歯がくびれている所なのでブラッシングがとても難しいのですが、気合いを入れて頑張って下さい。
また、奥歯の噛む面の溝もとてもむし歯になりやすいので、しっかりブラッシングしましょう。
奥歯の噛む面の溝に関しては、シーラント(予防的に削らずに柔らかいフッ素入りのプラスチックで溝を埋める方法)が保険でできるので、歯医者さんに慣れる意味でもお勧めをします。
歯と歯の間は、歯ブラシが届かないので、糸ようじ(フロス)を使いましょう。
前歯に関しては、今までと同じように、歯と歯ぐきの間、歯の裏側を注意してブラッシングして下さい。
また、歯と歯の間に隙間がない場合は、糸ようじ(フロス)を使いましょう。

1歳までのむし歯予防

1歳までのむし歯予防

下の前歯が生えてくる時期のむし歯の予防について

1歳〜3歳のむし歯予防

1〜3歳のむし歯予防

乳歯が生えてきて、仕上げ磨きがもっとも大切な時期のむし歯の予防について

3〜6歳のむし歯予防

3〜6歳のむし歯予防

乳歯が生え揃って、永久歯が生えてくるまでのむし歯の予防について

6〜15歳のむし歯予防

6〜15歳のむし歯予防

乳歯から永久歯に生え変わる時期で、永久歯のむし歯の予防に大切な時期です。

大人のむし歯予防

大人のむし歯予防

永久歯のむし歯の予防について

歯周病の予防

歯周病の予防

大人の約8割がかかっていると言われている歯周病の予防について